読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事自考

時事ネタを中心に個人的な考察を上げていきます。

不動産を買ってはいけない

社会 考察/検証

今は不動産が小さいバブルです。

f:id:naonao3939:20160210213003j:plain

というのも、2020年の東京オリンピックに向けて、東京周辺の不動産は買いの目になっているようです。しかし、それにつられて不動産を購入するのはやめた方が良いです。

 たしかに、Airbnbなどの民泊の勢いもありますし、事業用としても当面の利益は見込める可能性が非常に高くなっています。

しかしながら、個人にせよ、法人にせよ、この特需を期待して購入するのはお勧めできません。

民泊の規制は厳しくなる

日本では、今後民泊の規制は厳しくなってくると考えます。これは、特定事業者に利益が向きやすくなるように、それ以外を排除するためでもあります。そして、そういった規制が入ることで、特定事業者は物件を安く買い上げることができるようになります。

すなわち、民泊の需要を狙って物件を購入するようなことは、特定事業者にお金を貢ぐようなものだと考えた方がよろしいかと思います。

東京オリンピック後は確実に価格が下がります。

今の物件の価格は2020年のオリンピックに向けて需要が大きくなっている、いわゆるバブル状態なわけです。そのため、2020年のオリンピックが終わるころから、物件の価格は急落していく可能性が高いと考えます。特に東京は福島原発の問題もあり、一層急落する可能性が高くなっています。

2020年に売ればいい?

それなら2020年の需要があるうちに売ればいいという考えをする方もいるかと思いますが、正直おすすめいたしません。というのも、物件が売れるかどうかは、購入者がいるかどうかにかかわるため、下手をすると1年以上買い手がいないという可能性も出てきます。

そして、東京オリンピックが開催されるかどうかも、現状では怪しい状況であるため、開催国返上という事態になれば、その時点で暴落してしまいます。しかも、その理由によっては、通常開催された場合の比にならない規模で暴落していく可能性があります。

日本は不況になっていきます

日本はこれから不況になっていく可能性が高くなっていきます。となると、例えば家賃収入を目指す場合、家賃の未払いが多く出てくる、さらには夜逃げの可能性があります。

ここで問題なのは、日本においては借主の立場の方が法的に強くなっていて、家賃の未払いや夜逃げを理由に、勝手に解約することができなくなっています。そうなると、裁判を起こして明け渡し手続きを取る必要が出てきます。

そうなると、本来の家賃収入でペイするはずだったものが、0になるどころか、裁判費用でマイナスになるという悪循環になります。

そういった意味からも、今の価格の上がっている状況で購入するのはおすすめできません。

長期に見れるのであれば

今の不況が続けば、いつかは円の価値が暴落します。何故かと言えば、日銀の買い支えている国債の元は、大量に刷った円だからです。すなわち、日銀が国債を買い支えれば買い支えるほど、市場に円が多く出回るようになります。

当然、ある段階で供給が需要を超えてくるようになります。そうなったとき、円が下がったことによって、損切りをする人が出てきます。それを繰り返して、円は暴落してしまう可能性があります。

今の状況から考えれば、円の相対的な価値が10倍から100倍になる可能性も否定することはできません。そうなった場合、ローンで購入していた場合は、購入額は実質的に1/10~1/100まで落ちることになります。もっとも、その直前は大不況になっているはずですので、ローンが払えないなどということもリスクとしては存在しますけれども。