時事自考

時事ネタを中心に個人的な考察を上げていきます。

ブロックチェーンと仮想通貨

ブロックチェーンの過信は危険 仮想通貨(暗号通貨)の基盤としてブロックチェーンという技術がフューチャーされていますが、個人的にブロックチェーンは過信するのは危険であると考えています。 もちろん、セキュリティ的に高度なものであることは間違いあ…

自国を礼賛することの是非

自国を礼賛すること 日本の真の姿を偽って自国礼賛というデマを発しているという記事がありました。 www.from-estonia-with-love.net この記事を読んで、なるほどな、と思いつつも、いくつか引っかかったことがあったので、記事にまとめてみました。

お金の奴隷について考えてみた。

キングコング西野さんのブログが炎上(?)したようですが。 というのを、Facebookで見かけたので、一つ記事を書いてみようと思っていましたが、同じテーマを扱っているこちらのブログを見つけたので、ちょっと読んでみました。 mistclast.hatenablog.com

年末年始にかけて災害が増える可能性

今朝の地震は始まりに過ぎないかもしれません。 今朝がた、福島県を中心に大きめの地震が発生しました。規模的には震度5ですので、震災時に匹敵する規模だと思います。 未明の突然の地震に驚きはしましたが、先日の書きかけのブログに日本で災害が起こる可能…

「時間」という価値基準

「時間」は重要な価値を持っているのは間違いありませんが・・・ 仕事をする上で、時間というのは少なからず必要になるものです。しかしながら、かけた時間が成果に反映されることは思った以上に少ないものです。 もちろん、世の中の仕事の中には時間をベー…

日本人は労働搾取される環境に置かれている

電通の過労死事件で www.huffingtonpost.jp 電通の過労死事件が話題になっていたようですが、今の日本の状況では普通に起こりうる話だというのが正直な感想です。 こういった方々は、「朝から夜遅くまで働かされている」と言われていますが、檻に閉じ込めら…

人工知能に支配される世界

人工知能が人類を支配する そんなお話しが、いわゆるSFの分野でよく出されています。 しかし、個人的にはファンタジーである人工知能に支配された世界は、遠くない未来に現実となる可能性があると考えています。

対応さえ誤らなければ、許される文化

舛添都知事が辞職してしまいましたが thepage.jp 実際のところ、使途が不適切であったとはいえ、違法ではなかったことからも、彼が都知事職を辞する必要は全くなかったと思います。もっとも、彼を擁護するわけではありませんが、実際に税金の私的流用という…

日本人はこれまでの「素晴らしい」という妄想から脱して、真摯に世界と向き合うべき

日本人は「素晴らしい」という妄想 前にも、日本人は実は残酷であり、酷いことも平気でするという記事を書いたことがあります。 news.sweetberry.jp 実は、日本人が残酷になるのは、身内、あるいはそれに近しい存在に対してのみ発揮されるという事実がありま…

日本崩壊への一里塚

日本は現在でも危機的状態ではありますが そういった雰囲気を感じないように、政府やマスコミは必死で誤魔化そうとしている訳ですが、その誤魔化しも少しずつ綻びが出てきているようです。 kaleido11.blog.fc2.com

マスゾエ叩きの本質を見逃してはいけない

ここ最近、何かと叩かれている舛添都知事でありますが ここ最近、政府もマスコミも注目をすべて舛添都知事に向けようと必死です。しかし、彼の行動が法律というルールの範囲内かどうかで言えば、ルールの範囲内に大半が収まっている可能性も十分ありうると思…

「代案なし」がダメな理由

知識の差という問題ではない blog.tinect.jp 代案なしの反対については、以前から度々議論の対象となってきていましたが。代案が無くても反対するのを認めるべきという記事があり、それを見た純粋な感想としては、極端すぎるという印象です。

保育園問題は終わらない

保育園の問題は相変わらず話題になりやすいみたいですが もっとも、自分は保育園問題は関係無いという立場ではあります。保育園に入れなきゃいけないような子供もいないし、公園なんて行くこともほとんどありません。そういう意味では、保育園も無くても良い…

好き嫌い以前の問題という大問題

よく言われる話ですが 「好き」の反対は何か?という話があります。普通に考えたら「嫌い」が正解なのでしょうけれども、「無関心」であるという場合もあります。 これは、あくまで軸と見る観点の違いではありますが、「好き」も「嫌い」も「関心がある」と…

普通って何だろうかと考えてみた。

普通っていうのは こんな記事を見て、普通っていうのは何だろうかと改めて思いました。 普通と言うと、一般的、とか、みんながやっていることとか、そんな意味で使われることが多いわけです。

同調圧力という名の強制力

特に日本は激しい同調圧力 日本特有な考え方ではありますが、同調圧力というのがあります。 こちらの記事に書いてあるみたいに、同調圧力に押されてという事例は非常に多くあると感じます。

水を再沸騰させると危険だと聞いて

どうもネタっぽいですが 水の再沸騰がヤバイという話を見つけたので、読んでみました。

ロシアと中国を特別視する理由

ロシアや中国という国に対して これらの国に対して特別な感情を抱いているわけではありませんが、これらの国には経済的な強さがあるためです。 こちらはいわゆる陰謀系のサイトではありますが、割と確信をついた記事になっています。

自由貿易は国民としては拒否すべき

自由貿易とは言いますが 最近TPPなどの話題がある中で、自由貿易という言葉も頻繁に使われるようになっていますが、一見聞こえの良さそうに見える言葉も、実態は国民をさらに貧困へと導くものであること、というのは意外に知られていません。

日本はいつから歪な国となったのか

絶望ばかりの日本 こちらの記事にもあるように、日本は現在全体的に絶望感が高くなっています。こう言った絶望感の高さは治安が不安定になる原因となり、結果として、ディストピアな社会を招く要因でもあります。

日本はもう技術立国では無いという事実

STAP細胞で新しい実験が行われたようです。 数日前に公開されたこちらの記事ですが、ドイツでSTAP細胞関連の論文が発表されたようです。 これが、小保方さんのSTAP論文に対して影響を与えるかどうかは未知数ではありますが、ここで書かれている事実こそが、…

無能な営業の戯言なのか?

そういう自分は技術系の人間であるが 今日のブログ記事でこんなのを見かけました。 内容自体は大したことのないものだと断ずることができます。とはいえ、それなりに読まれているのではあるのだろうけども。

癌とは闘うべからず。

なぜ癌と闘うのか? 日本語の妙ではあるが、病気にかかったときに普通は闘うとは言わないものです。例えば、風邪をひいたときに、ひどい場合は症状を緩和する薬を飲むわけですが、基本的に風邪のウイルスと闘うという考えを持つ人は少なく、静養して抵抗力を…

日本人は別の意味で残酷という話

少し前に記事がありましたが こちらの記事になりますが、日本の太平洋戦争時の行動についてシンガポールの評価を書いています。そこでは、日本兵の行動は決して紳士的ではなく、むしろ、外国の方の扱いは諸外国と比べても酷いものであったという話でした。 …

日本人は天皇を終わらせるべき

天皇の権威は凄いの一言に尽きます。 善悪は置いておくとして、日本の天皇の権威は非常に強力なのは議論をする必要も無いと思います。実際に天皇家の世界的な序列として見ても、ローマ法皇より上位に扱われているという話はよく聞かれます。 もちろん、キリ…

【女性の労働】なぜ、企業で働くことが前提なのかという疑問

保育所の問題とかでも言えることですが なぜだか不思議でしょうがない一つの事実。 こちらの記事を見ていて、というより、最近の論理展開に疑問があったりするわけですが。

家事代行ベアーズの炎上noteについて考えてみた

大本は消されたみたいですが こちらに魚拓が残っていたので見ていたのですが、個人的にはほとんど同意できませんでした。 まず、全般的に言えることが、論理展開が雑であることです。そもそも、明確に命題を定義して主張しているにもかかわらず、例外は命題…

ダンマリしてしまう時の対策

言うても、自分はコミュ障ですから。 こちらの記事に書いてあることは、何となく納得がいくんですが、それでも何となく違う感じがしたりとか。

奨学金の本当の問題

奨学金は確かに借金ですが もちろん返済不要なものもありますが、奨学金はたいていの場合借金ということになります。ただ、この下の記事にも書いてあるように、実際の金利自体はさほど大きくはないようです。

不動産を買ってはいけない

今は不動産が小さいバブルです。 というのも、2020年の東京オリンピックに向けて、東京周辺の不動産は買いの目になっているようです。しかし、それにつられて不動産を購入するのはやめた方が良いです。

集団的自衛権によって、自衛隊がシリアに派遣されることが現実味を帯びてきました。

昨年の後半から ロシアがシリアのISを掃討のために空爆などを実施していますが、その成果は数か月で着実に上がっているようです。実際には2015年9月から数か月にわたって作戦が展開されていたようですが、日本では報道されていないようです。 正式な報道とし…

医者のタメ口は仕方の無いことなのかも

敬語は社会人としての嗜みと言いつつも、やはり普段の場面で敬語でないこともあります。

ブログは難しいのかも

ブログのPVがなかなか上がらないと悩んでいる今日この頃 ということで、色々とブログの書き方なんかも勉強していたりしますが、今日はこのサイトの内容が気になったので取り上げてみます。

日本の技術が負けた3つの理由

日本は技術の国と言われるけど こちらの記事にもあるように、今の現状はそういう形にはなっていないと考えています。むしろ、日本において技術は他国に比べて遅れを取りつつあると考えています。

日本は世界で最も税金が高い国であるという事実

日本の税率そのものは よく日本の税金が高いと言うと、他の国でも税率の高い国があるじゃないかという話になる。確かに、EU諸国には日本より税率の高い国が結構あったりする。だが、それでも日本の税金が世界で最も高いというのは間違いない。と思う。

パクツイ問題について

パクツイとは いまさら説明するまでも無いと思いますが、パクツイというのは、パクリツイートの略、いわゆる、他の人のツイートを無断盗用して自分のツイートとして発信してしまう行為のことです。 ただ、Twitterの利用規約を読むと、コンテンツの複製利用に…

正義の名の下に侵略をしてきた国

アメリカ軍がシリアに派兵されるようです こちらの記事でアメリカ軍をシリアに派遣することを決定したという話があります。 しかし、どんな政府であろうとも、公式政府の許可なく悪と決めつけて派兵すれば、それはまかり間違うことなく侵略となるでしょう。

マイナンバーカードの意味不明さについて考えてみた

マイナンバーカードは役立たず そもそも、私自身がマイナンバーカードを発行する気もないし、番号の通知とか受け取る気もないわけですが、マイナンバーカード自体が意味不明なものとなりつつある今の現状では、全くの無用の長物だったりします。

断捨離は良くないと思う5つの理由

整理術として持て囃されている 断捨離はいわゆる整理術の一つで、身の回りを最小限にすることによってスッキリさせようというコンセプトになっています。捨てられないことを悪とすることで、余計な物を捨てさせ、自分の周りから物を減らしていく手法です。 …

マイナンバーが広まる可能性

予言めいたことを書いていますが 別に予言とかそういう類のことではありません。年末から話題になっているマイナンバーですが、普及率はおそらく3割程度じゃないでしょうか?かくいう私もマイナンバーカードを作る予定はありません。 これ以降の話は半分くら…

やはり今年は異常気象なのか・・・?

例年と比べて特別暖かい感じはないのですが やはり、今年は異常気象なのではないかなと感じます。というのも、東京でも、例年は12月から1月にかけて、それなりに雪が降ったりするのですが、今年は雨が降ることはあっても、雪やみぞれが降る様子はまったくあ…

日本が先進国という妄想

日本はすでに後進国 別に陰謀論とかトンデモという話ではなくて、実際の状況を考えると、当たらずとも遠からずということではないかなと思います。ここ数年でアジアの国々に行くことも多くなっていましたが、アジア諸国に比べると、日本は遅れ始めてきている…

言及して批判(非難)するのはいいことだと思う

批判や避難はされたくはないですが・・・ それは、正直な話気分も悪くなりますし、する方も批判が真剣であればあるほど、いうべきか迷う(自分だけかも)わけで、お互いハッピーで行ければなんと幸せなことかというのが正直なところです。

靖国神社爆発事件の不思議

まるでテロのようだ といった感じで報道しています。確かにタイトルだけ追っていけば、先日起きたパリのテロ事件と同類の事件のように考えるかもしれません。 しかし、詳細を見ていくと、この事件はテロとは程遠い、子供のいたずらレベルの事件のような気も…

派遣社員問題を考える。

今の派遣社員のルールはよくない と思っています。ちなみに書いている人は派遣の経験はありません。ですが、出向という形で派遣されたことがあり、その時の体験はある種派遣に近い物があると感じていて、派遣=悪という認識を持っています。 こちらの記事で…

目標を持つことの意味

目標は大事だと思っています。 先日の記事ともちょっとかぶりますが、目標っていうのは大事だと思っています。これは何かを達成することではなく、自分がどうなりたいか、どうありたいかというところですね。 これは他の誰かの真似ではできない、当然他の誰…

幸福の条件とはなんだろうか

幸福とはなんだろうか と考えると、色々と条件が出てくるかと思います。例えばお金がある。暇がある。美男美女と親しくなれる。などなど、挙げていけばきりがないですし、人によっては、それはどうだろう、ということもあるかなと思います。 という話をして…

料理って、そんなに難しいものなんだろうか、とふと思ったり

家事の中で言うと 私個人的な見解から言うと、家事の中でも料理は一番、気分的には楽なんじゃないかと思ってます。しかし、世の中には、そうでもない人が多いようです。

仕事にどう接していくかという課題

仕事っていうのは本当に接し方が難しい と思ったりしています。一生懸命やるっていうのが正しいということなんでしょうけど、どうするのが一生懸命なのかというのはなかなか難しい。 そんな折、こんな記事を見つけました。

図書館戦争の行方

TSUTAYA図書館 図書館の新しい形として、TSUTAYA図書館が叩かれていますが、自分も今まで聞いていた情報では反対の立場でした。というのも、「地域的に則さない書籍を自社の流通網から入れていた」というものです。書店の理屈であれば理に適ったものだとは思…